2014年05月04日

OTA Lab.でやったゲームを並べてみる[2014年4月]

先月もお花見だったりOTA Lab.も活動的にゲームをしました!

OTA Lab.の部活内で私が実際に行ったゲームをまとめて記していきます。
ゲームのタイトルとゲームをした所感を一言ずつ添えていきます。



ファブフィブ


20140504_01.jpg

TANSAN&Co.
http://www.tansan.co/

2回目のプレイでしたが、とてもおもしろかったです。
意外とみんな嘘ついてます。私は正直にそれを受け流すスタイルです。
戦歴を振り返ると自分でダウトを言うとリタイアが早い気もする。笑
詳しい話はお花見にて。





メビウス ごきぶりポーカー



OTA Lab.内でする機会がよくあるカードゲーム。
おもしろいゲームは何回もしてしまうものです。
2011年に初めてラボメンたちでスキー合宿以降「これはカメムシです。」が名言になり、「ごきぶりポーカー」ならぬ「カメムシポーカー」として今でも話題になります。
こちらも嘘つきブラフゲームです。
一人が負けるとゲームが終了するので、上のファブフィブよりもゲーム時間が短い印象を受けています。


カルカソンヌ(Carcassonne)

20140504_02.jpg

Hans im Glück Verlag社より2000年に発売された、ドイツのボードゲーム。
2人からでもプレイが可能な陣取りゲームです。

自分の手番に山札から1枚引き、置いていくことで地図が広がっていきます。
自分たちに渡された駒を使って要塞や道を完成させていきます。
最後まで地図のタイルを並べると、各自得点計算して、合計点で競うゲームです。

こちらは初プレイ。
現時点の得点を表すボードもとてもかわいい。

20140504_04.jpg

初プレイが多かった1回目のプレイはきれいな地図になっていました。

20140504_03.jpg

2回目はけっこういびつになっていたかな?
写真を撮り忘れてしまった・・・。ごめんなさい。
地図が広がっていく様は見ていて楽しいです。

最後の草原に対する得点をいかに伸ばすことができるかが勝利の鍵になるのかな。
プレイする動作はタイルを並べていくだけなので、簡単です。
ですが、妨害だけでは自分の点数を伸ばすことができなかったりするので、緻密さ必要な奥が深いゲームです。
世界大会もされており、ラボメンの中では予選に出ようか考えている人も。
今後もプレイをするボードゲームとなりそうです。

SOUL SACRIFICE DELTA ソウル・サクリファイス デルタ




ソルサク部として1記事書きました。
こちらも引き続き活動をやっています。
達成度が15以上のプレイをしたいですが、プレイできない状態で・・・。
どこかフラグが立っていないんですかね?
うーん、あとでラボメンに聞きたいw


5月もゲームをたくさんしそうな予感♪
楽しい時間、ありがとうございました!またやりたいです!


posted by しもしも at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | レッツトライ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。