2013年10月02日

M:tg「テーロス」が発売されたのでラボメンとドラフトやってみた

先週の土曜日のおはなし。

OTA Lab.のラボメンの間でずっと流行りっぱなしの「マジック:ザ・ギャザリング」。
新しいパックが出るとドラフトをやる私達は「基本セット2014」でもやるほど。

先週末に新しく登場した「テーロス」でラボメンとドラフトをやってきました。
みんなでやるので、箱買いですよ!

20131002_01.jpg

にっしーの新しいお家でマサキさん、ゆいたぁさん、おざわさんと5人でドラフトです。
私は前に知識を仕入れているわけではありません。
なので、「英雄的」「授与」「占術」「怪物化」「クリーチャー・エンチャント」など新しいルールをにっしーから説明を受けてからプレイしました。
いつも丁寧な説明ありがとうございます!

ドラフトは2試合やりました。
2試合とも「テーロス」パック3つです。

20131002_03.jpg

最初は青緑白デッキで英雄的強化デッキを作ってみました。
ですが、ゆいたぁさんとおざわさんに2連敗と撃沈。
だって1パック目に入っていたのが「クルフィックスの預言者 」だったんだもん。
青緑行くっきゃないでしょ〜。

「クルフィックスの預言者 」の効力で相手側アンタップのときに自分でもアンタップできるのが、強い。
そんな状況になれて、とても新鮮でした。
でも、このカードが出てくるまで、他のカードがまとまりがなくさっぱりで。
新しいルールに慣れないまま、消化不良で終わってしまった気がします。

1位になったゆいたぁさんは景品のスペシャルグッズもらってました。
今度クトゥルフ神話TRPGで使いたいってさ。(セッションの開催のご依頼入りましたー!w)

20131002_02.jpg


このあと、OTA Lab.では初参加のいでっちが加わり、6人でドラフト。
いままでやったことのない緑黒デッキを作って3位まで奮闘したっ!
このときも自分でパック引いた時に「死の国の歩哨 」「忌まわしき首領」「ナイレアの弓 」なんか引いちゃって。
これは緑黒行くっきゃないでしょ〜。(再来)

エンチャント付けることに慣れてきた私は「乳白色の一角獣」に「洞窟のランパード」や「エレボスの使者」で強化しまくってライフを削り切る荒業なんてしたり。


あ〜たのしかった!
ドラフトやっていて今回使ったパックが良くなかったのかもしれないけど、白は不人気だったように思います。
私も効果など読んでいてピンと来なくて別の色やったりしていたし。

にっしーやおざわさんが話していたけど、全体的に土地の消費量が高く、場面が大きく変わるのが4ターンや5ターン目だったりして、いつもより遅い印象を受けました。
でもその分、大きなクリーチャーやインスタントが発動しやすくなり、いつもより桁違いな効果を持つクリーチャーがいるので、外から観戦していてもおもしろいです。
それに、今まであまりエンチャントをデッキに入れたりしてなかったんだけど、今回のゲームでエンチャントの使い方をちゃんと覚えたような気がします。
何事も経験から。こうやって私は1つずつ覚えていくのです〜。

基本的なルールを知っているだけで新しいルールに合わせて色んな盤面が変わっていくのも、こういったカードゲームの魅力なんでしょうね。


またやりましょう〜!!


posted by しもしも at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | レッツトライ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。