2012年11月11日

TRPGの「ダブルクロス3rd」のGMをしてみた

image-20121111204950.png

TRPGの1つである「ダブルクロス3rd」を友人3人とプレイしました。
GMはわたし。TRPGも初めてだし、もちろんGMも初めてです。

シナリオはルールブック1付属の「Crumble Days」です。
プレイキャラクターはサンプルキャラからクイックスタートでやりました。
キャラクターの設定からプレイヤーの個性が出ていて、おもしろく、意外に早くキャラ作成ができたので、セッションもすんなり入ることができました。

15時からキャラ作成やって、終わったのが20時前でしたので、プレイ時間は5時間程度ですね。
セッションは予想時間が3〜4時間。全員初プレイだったこともあって、もっと時間がかかるか思っていたんですが、事前にルールを説明する機会があって、セッションの流れが止まることがなかったですね。
シナリオについては記載しませんが、キャラクターは全員生還して無事エンディングを迎えることができました。


意外とみんなロール(キャラクターを演じること)することができたのはビックリ。私もNPC(ノンコントールプレイキャラクター)はロールするので、男性女性問わずロールができるか不安でした。でも、友人たちのプレイを聞きながら、私もロールしていくことができました。おもいっきりかませ犬負け犬ロールをすることもできましたw


ロールが苦手な人に対して、GMとして手助けがあまりできなかったかなぁというのは反省。
キャラの描写とセリフを混ぜながらやると上手くできるみたいですね。ロールしていくうちに設定に毛が生えるように増えていくのもおもしろかった!

情報収集シーンで情報入手した場合、公開する情報をGMの口から話していました。そうすると、プレイヤーは「かくかくしかじか」で終わってしまいました。それだとロールは物足りないとプレイ後にお話がありました。
情報は紙に書いて、公開する場合はプレイヤーだけに見せるようにすると、他のプレイヤーはロールプレイも混ぜ情報伝達しないといけないので、面白いかもねとのこと。
これも次回に活かしたいです。


あと、戦闘シーンで10面ダイスをたくさん振る気持ち良さ。私は最大15のダイスを一気に振りました。
ルールブックでは最低10個の10面ダイスが必要と記載がありました。一気に振ることを経験したかったら、10面ダイスは20個は用意したほうがいいかも。


実際、GMをやってみて、達成感は大きいですね。
セッションを無事に終わらせる事ができたこともそうですけど、なによりPLの3人が楽しかったと言ってくれたのがうれしい。
意外にたのしいんですよぉ〜、かませ犬ロール。

キャラクターの出自などで出てくるNPCを出したりすることができなかったです・・・。ちょっとくやしいかな。
シナリオで登場するNPCはイラストを用意していたので、登場させやすかったです。ただ、ここぞというところで、シナリオで用意していなかった部分から、はみ出すことはやっぱり難しいと痛感。

友人が用意したキャラクターの性別上の関係で、元々用意していたNPCの性別を変更させてスタート&自分のロールにも余裕がなかった気も。最初から用意したシナリオを逸脱していて、プレイヤーの返答に臨機応変に合わせていたから、なんだかんだ上手くいったかな。そう思いたい。
実は途中もプレイヤーの状況によってシーンを減らしたりとか。イベント変えたりしてました。ボス戦はとても盛り上がったし、バランスをとりながら、無事終わらせれたんだから、いいよねw


参加されたプレイヤーのみなさん、本当にお疲れさまでした!GMも楽しかった!
今回作ったキャラクターを引継いで別シナリオをやることが決まったので、次回もGMですw
今度はシナリオをつくってみようか考え中・・・。今回のセッションでポジションとかキャラクターの性格ができて設定が色々できたし。でも、時間によってはまたルールブックのシナリオを一部使うかも。
まぁ、やるとしたら、来年ですね。

やりたくても参加できなかった友人もいるので、できるだけ予定合わせたいもんです。


posted by しもしも at 22:05| レッツトライ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。