2011年09月15日

チームの歯車が廻り出すとき

毎週2回、チームリーダーやプロジェクトリーダーが集まって会議をする。

普段特に発言を出さない人が下準備して、発言して、チームみんなで改善案をやっていきたいと話した。

意外な人からアイデアが出ると、歯車が噛み合ったように回転し始める。
私の仕事はそれをちゃんと意味のある動力として動くように組み合わせることなんだと思う。
噛み合わなかったら、歯車を変える。
廻りずらそうだったら、オイルを差す。
そして、チームの運命を良い方へ廻り出す。

今日の夕方からそのアイディアを後押しするための準備作業して帰ってきた。
推進力って大事だよね。そのチカラがあれば、アイデアが実現する。それにはスピードとみんなが納得するロジックが必要なんだ。

こんなこと書いてたら、ポルノグラフィティの『ハネウマライダー』の歌詞を思い出した。


僕たちは自分の時間を動かす歯車を持っていて
それはひとりでいるなら勝手な速度で廻る
他の誰かと例えば君と
触れ合った瞬間に歯車が噛み合って時間を刻む


この歌は恋人との歌だろうけど、チームでお互いに有意義な時間を過ごすためには、すばらしい考え方なんじゃないかな。


今日のリーダー会の展開は良かった。
チームの絆ができてきている。
今まで見えなかった糸が視えたのだ。

ただ過信はせず、じっくり様子を見るのだ。傾いたら、手を打つ。いや、傾く前に手を打つが正しいか。

それがプロジェクト管理する側の役目。


ラベル:PMO チーム活動
posted by しもしも at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | レッツトライ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。