2011年05月13日

PMO

私は現在も稼動しているシステムの保守開発のPMOをしています。

■PMOとは
PMO (project management office)
プロジェクトマネジメント・オフィス / プロジェクト管理オフィス

組織全体のプロジェクトマネジメント(PM)の能力と品質を向上し、個々のプロジェクトが円滑に実施されるよう支援することを目的に設置される専門部署。「プロジェクトオフィス」「プロジェクト支援部門」などともいう。

引用
PMO(project management office) − @IT情報マネジメント用語事典
http://www.atmarkit.co.jp/aig/04biz/pmo.html


正直、カタイ言葉で分かりづらいかと思います。


「管理職」という言葉だとイメージがつくかもしれませんが、チームを円滑に維持するだけでなく、課題を察知し、何かしら手を打つことでチームの成果を向上させることも役割としてあります。

私は複数あるチームの「管理」「課題解決」「人材育成」という役割を担っています。

プログラムをバリバリ書くという開発の実務はしません。しかし、チームの進捗管理や他の拠点との連携、新規メンバーの育成、本社の周知事項の回覧や雑多な作業まで範囲の広い作業を行っています。

なので、自分自身の作業は迅速かつ正確な作業をすることに力を注いでいます。
(失敗することもあるのですが…。)

チームが抱えている問題・課題は何か、解決策は何か。

開発作業を行うなかでどうすれば、ミスを減らせるか。成果を出せるか。

あるべき姿を思い描きつつ、現実に直面しながらも、できる限り良い方へ導けるよう奮闘しています。

これから実作業から学んだことやリアルな日常をアウトプットしていきたいと思います。


posted by しもしも at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | レッツトライ! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。